風呂敷+バッグ=フロシキバッグ レジ袋がわりのエコバッグにも

レジ袋の有料化が話題になっていますが、風呂敷とバッグの機能を合わせた「フロシキバッグ」というものが売れているらしいです。
1対の対角は風呂敷と同じように包み、もう1対の対角には持つ部分とマグネットがあってくっつけると袋が完成するようになっています。箱でも長いものでも包むことができ、デザインもおしゃれです。
ちなみに、このフロシキバックを作っているアッシュコンセプトという会社は、デザインの製品化やデザイン・コンサルトなどを行っていて、これまで様々なコラボレーション製品を発売しています。









トラックバック
トラックバックURL 
トラックバックの受信は承認制になっていますので即座に反映されません