Windows XP Home Editionのサポート期限を2014年に延長

Windows XP Home Editionのサポート期限は2009年までと発表されていましたが、2014年に延長することが発表されました。
一昨日のNHK『クローズアップ現代』でマイクロソフトの幹部へのインタビューで、日本のユーザーからの要望が非常に多かったためサポートを延長すると発言していて、昨日正式に発表されました。
Vistaの発売直前での決定ですが、Vistaへの乗り換えを進ませようとするとマイクロソフトの信頼に影響すると考えたのでしょう。Vistaの機能や要求するスペックに必要性や魅力を感じないと感じるユーザーも少なくないでしょう。
XPがあと2年しか使えないということにどうしようかと思っていましたが、とりあえず一安心です。









トラックバック
トラックバックURL 
トラックバックの受信は承認制になっていますので即座に反映されません