とつか再開発くん 横浜市都市整備局のキャラクター

横浜市の戸塚駅西口では、道路や交通広場などの基盤施設、区役所やホールなどの公益施設の整備を行うとともに、商業機能の強化を図るため平成9年から戸塚駅西口第1地区第二種市街地再開発事業を進めていますが、このマスコットキャラクター「とつか再開発くん」が話題になっています。
戸塚駅周辺再開発事務所に勤務する36歳の男性職員が作ったそうです。頭は戸塚駅西口再開発区域の形、腕はJR線、胴体は戸塚駅東口再開発、足は国道1号線へと続く道路を表しているそうですが、おにぎりのような顔をした"ゆるキャラ"です。発案から完成までに正味1時間もかかっていないとのことです。口を開けてニコニコしているのかと思ったら、赤い鼻らしいです(^^;
当初は関係者の間で「とつかおにぎりくん」という愛称で親しまれていたそうですが、おにぎりと戸塚の関係が全くないため、公表するにあたって「とつか再開発くん」に変えたそうです。戸塚再開発+君というそのまんまの名前も脱力系です(笑)









トラックバック
トラックバックURL 
トラックバックの受信は承認制になっていますので即座に反映されません