トレンドマイクロのウイルスバスター2007のIPアドレス

66.180.82.xxや66.35.255.xx、128.241.20.xxといったIPアドレスが気になったので、Whoisで調べてみるとアクセス元はアメリカで、所有者はトレンドマイクロでした。しかし、海外からのアクセスではなく日本国内からのアクセスと感じられIPアドレスを検索エンジンで検索してみると、ウイルスバスター2007の「URLフィルタリング」という機能によるもののようです。
この機能は、有害情報や危険なサイトなどをブロックするもので、トレンドマイクロのサーバを経由してネット接続するため最初に挙げたIPアドレスになるようです。機能の詳細は、ウイルスバスター2007のページに載っています。OCNとhi-hoでは有害サイトブロックサービスとして月額の有料サービスで提供されています。









トラックバック
トラックバックURL 
トラックバックの受信は承認制になっていますので即座に反映されません