内田裕也の東京都知事選の政見放送

4月8日に行われる東京都知事選に関連して政見放送がネット上で話題になっていますが、1991年の都知事選にミュージシャン(ロックンローラー)の内田裕也が立候補したそうで、その時の政見放送の動画をYouTubeで見ました。
開始から7秒無言の後、アカペラで「Power To The People」を歌いだし、なぜか英語で演説を始めます(笑) ニューヨーク市長選でも英検の面接試験でもないのに(汗)
英語で話し続けた後、「コミック雑誌なんかいらない」を歌い、、最後は「Love&Peace Tokyo, Rock'n'roll thank you」と言って満足そうな表情で親指を立てて終わります。その後15秒ほど時間が余っていますが(笑)
なぜ立候補したのかわかりませんが、供託金300万円を広告費として考えればテレビで6分以内に言いたいことを放送コードも関係なく何でも主張できることを考えれば安い!? 丸山弁護士が立候補していたら、どんなことを言ったのでしょうか?
誰かプロポーズに使う人はいないでしょうか?(何









トラックバック
トラックバックURL 
トラックバックの受信は承認制になっていますので即座に反映されません