中村智彦(なかむらともひこ)調べてわかる身のまわりのモノのふしぎ

日本テレビ『世界一受けたい授業』に出演の中村智彦(なかむらともひこ)さんは、「地域経済論」「中小企業論」が専門分野で、中小企業間のネットワーク構築と地域社会、製造業と地域振興、中小企業政策と国際協力などを専門に研究しているそうです。
中村智彦さんは1964年に東京都町田市で生まれました。1996年、名古屋大学大学院の国際開発研究科博士課程を修了。大阪府立産業開発研究所などを経て、現在は神戸国際大学経済学部の教授を務めています。
著書に『調べてわかる身のまわりのモノのふしぎ』(全4巻セット)という学習用の本があり、第1巻では「調べよう こんなにすごいモノづくりのひみつ」と題して、鉄鋼やアルミ、ゴムなどあまり目にすることの無い素材を新幹線の製造工程に関連付けて取り上げています。第2巻は「調べよう おいしい食べもの・飲みもの」、第3巻は「調べよう たのしいおもちゃ・文房具」、第4巻は「調べよう くらしに役立つべんりなモノたち」となっていて、様々なモノづくりの現場を学習できるとのことです。
凡才中村教授の憂鬱』というブログを開設しています。









トラックバック
トラックバックURL 
トラックバックの受信は承認制になっていますので即座に反映されません