デザイナー 吉岡徳仁 ミラノサローネ 仕事の流儀

6月5日のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、デザイナーの吉岡徳仁(よしおかとくじん)さんが登場。
吉岡さんは1967年に佐賀県で生まれ、1986年に桑沢デザイン研究所を卒業後、倉俣史朗や三宅一生の元でデザインを学び、1992年からフリーランスとして活動、2000年に吉岡徳仁デザイン事務所を設立しました。プロダクトデザインや空間デザイン、インテリアデザインを手がけており、世界の主要美術館に作品が収蔵されています。
auの携帯電話、au design projectの「MEDIA SKIN」(W52K)のデザイン、ミラノサローネに参加したトヨタ自動車(レクサス)の展示や会場構成も担当しています。
著書に『TOKUJIN DESIGN』があります。ファイドン社から出版されている『Tokujin Yoshioka Design』には、代表作のハニーポップ・チェアやイッセイミヤケの店舗デザインなど、これまで手掛けた作品のほとんどが網羅され、文章と美しい写真による作品集です。
吉岡徳仁さんのデザインによるソファや腕時計はこちら。