大相撲の白鵬 はくほう 大関から横綱へ 相撲(すもう)

2場所連続優勝して新横綱になった白鵬(はくほう)は、宮城野部屋に所属しています。
本名はムンフバト・ダヴァジャルガル、1985年3月11日生まれ、モンゴルのウランバートル出身です。
猛虎浪など6人のモンゴル人と来日しましたが、当時は体が小さくてなかなか入門が決まらず、帰国前日になって旭鷲山の仲介により師匠の大島親方の友人である当時の宮城野親方(熊ヶ谷親方)に受け入れを申し入れて角界に入りました。
四股名は、横綱の大鵬と柏戸にちなんで「柏鵬」としようとしたものの、色白だったことから白鵬と付けられたそうです。
2007年2月に東京都在住の女子大生(和田紗代子さん)と結婚しました。
今の宮城野部屋を再興した吉葉山の土俵入りが不知火型だったことから、白鵬も不知火型で土俵入りをしています(朝青龍は雲竜型)。