飯塚克美 バイ・デザイン社長 液晶テレビ カンブリア宮殿

6月11日のテレビ東京『カンブリア宮殿』は、バイ・デザイン代表取締役社長の飯塚克美(いいづか かつみ)さんが出演。
飯塚克美さんは、1949年7月8日東京都生まれ、1972年に明治大学経営学部を卒業、アメリカのラジオシャックやデルコンピュータに勤務した後、1988年にデルコンピュータの日本法人の代表取締役社長に就任。デルの社長を対にして1995年にパソコンを格安で販売するアキアを設立したものの、ウィンドウズの他に販売していてマッキントッシュ互換機がアップルの方針の変更によりMac OSの供給が打ち切られ、製品を販売できなくなって事業が行き詰まり、2001年に社長を退任しました。2003年に薄型テレビを製造・販売するバイ・デザインを設立して現在に至っています。
バイ・デザインの製品は、日本で企画や開発を行い、製造を中国などアジアの工場で行っているため、低価格に抑えられています。
バイ・デザインの液晶テレビなどはこちら。