菊池恭二 宮大工 NHK プロフェッショナル 仕事の流儀

6月12日のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、宮大工の菊池恭二(きくち きょうじ)さんが出演。
宮大工とは、神社や仏寺、宮殿の建築・補修を専門とする大工です。
菊池さんは岩手県遠野市にある社寺工舎という神社・寺院等の新築、文化財修理を専門とする会社の代表も務めています。
15歳で大工になったものの、お寺に興味を持ち、21歳の時に奈良の薬師寺で大改修が行われていることを知って、法隆寺の宮大工の棟梁である西岡常一さんに弟子入り、6年間修行したそうです。
これまでに建立・修復した寺社は80を超えているそうで、国の特別史跡・名勝に指定されている岩手・平泉にある毛越寺の本堂の建立、東京・池上本門寺の五重塔の修復、白鳳時代の偉容を再現した奈良・薬師寺の西塔などに携わっています。
菊池さんは、厚生労働省の平成18年度卓越技能者「現代の名工」に選ばれています。
師匠である西岡常一さんに関する本は、『木のいのち木のこころ』や『宮大工棟梁・西岡常一 「口伝」の重み』など多数出ています。