テーマ曲は?『カンブリア宮殿』と『ガイアの夜明け』のテーマソング(主題歌)

テレビ東京で放送されている日経スペシャル『カンブリア宮殿』と『ガイアの夜明け』で使用されているオープニング曲やエンディング曲の挿入歌のタイトルやアーティスト、CDを調べてみました。

『カンブリア宮殿』のテーマソングともいえる、CMやダイジェスト・予告で使われている曲(ズンチャズンチャというリズムにエレキギターと掛け声の曲)がジョー・サトリアーニによる「CROWD CHANT」(クラウドチャント)という曲で、『スーパー・コロッサル』に収録されています。ジョーサトリアーニは、アメリカのニューヨーク出身のギタリストで、「Summer Song」という曲はPS2用ゲームソフト『グランツーリスモ4』にも収録されているそうです。

OP・前提供・告知で使われている音楽の曲名はエアロスミスの「SWEET EMOTION」(スウィートエモーション)で、『グレイテスト・ヒッツ』に収録されています。エンディング曲はラザロ・ヴァルデスの「A SOLAS CON EL DIABLO」(アソラスコンエルディアブロ)で、CDはグリオレコーズの村上龍レーベルから出ているアルバム『Piano de Solar』に収録されています。

『ガイアの夜明け』のオープニング曲は、岸利至の作曲で新井誠志のプロデュースによる「鼓動 〜ガイアの夜明け〜」、エンディング曲は新井誠志の作曲・プロデュースによる「夜空の花」で、どちらも番組オリジナル曲です。サウンドトラックではなくイメージアルバム『日経スペシャル ガイアの夜明け』に収録されています。