平岡アンディ君 からくりTV ボクシング少年 熱中少年物語

『さんまのスーパーからくりTV』の「からくり熱中少年物語」にボクシングに打ち込む少年ボクサー、平岡アンディくん(10歳)が登場。
アンディ君は上がり性と心配性で困っている、全国大会に出場するので来てほしいという手紙を番組に送ってきました。
スタッフがアンディ君を訪ねると、すでに緊張している様子で、1つ年下の妹のミサちゃんが質問に答えました(^^;
二人はガーナ系アメリカ人と日本人のハーフで、それぞれ4歳、3歳の時にオリンピックを目指してボクシングを始めたそうです。
ジムで練習するとスピードのあるパンチで、全く別人のような動きです。大会に向けてミサちゃんは「できればKOで勝ちたい」と言ったのに対し、アンディ君は「勝てるといいなあと思います」と弱気な発言。
大会当日、ミサちゃんは1ラウンドTKO勝ちでした。アンディ君の対戦相手はキックボクシングの日本チャンピオンでした。判定勝ちだったものの、トレーナーでもある父に「まだまだお前は未熟児だ」と言われ(笑)、落ち込んでしまいました。
「ミョンドンオリンピックに出たい」と言ったら、妹に「ロンドンだよ」とつっこまれ、「すいません」と謝っていました(笑)