口笛の世界一 分山貴美子(わきやまきみこ)儀間太久実(ぎまたくみ)世界大会で優勝

4月にアメリカで開かれた国際口笛大会の成人女子部門で優勝した分山貴美子(わきやま きみこ)さんは、口笛奏者=プロで「くちぶえ講座」のレッスンも行っています。国立音楽大学を卒業していて、歌と口笛で演奏するそうです。
一方、ティーンエージャーの部では関西学院大学の儀間太久実(ぎま たくみ)さんが優勝しました。10歳から始めて、2006年の全日本口笛音楽コンクール決勝大会で準グランプリになり、世界大会の出場権を獲得しました。
口笛奏者の音域は2オクターブくらいだそうですが、二人とも3オクターブも出て、ビブラートも綺麗です。まるでオカリナか何かの楽器を演奏しているようです。