Scythe(サイズ)のケースファン「鎌フロゥ」と「鎌風2の風92」

パソコンのファンの静穏化をしようと思って、ケースファンを買ってみました。自作には興味が無く、パソコンのパーツをいじったのはメモリを増設したことがあるくらいなので、冷却装置にはケースファン、電源ファン、CPUクーラーがあるということから勉強しました。軸受けには2ボールベアリングとスリーブベアリングの2種類あったり、リブの有無もあったり。
購入したのはサイズというメーカーの「鎌フロゥ 9cm (SA0925FDB12L)」と「鎌風2の風92 (KKF92-01)」の2種類で迷ったので両方買いました。
鎌フロゥは1600rpmの超静音モデルで、確かに静かですが風量が足りているのか心配です。元々付いているファンはAVCのC9025S12Hで標準の回転数は1600rmp(最大3000rmp)です。
次に鎌風2の風を取り付けてみました。PCI背面ブラケットに装着するファンコン(ファンコントローラ)が付いていて、SpeedFanを使わなくても手動で回転数を調整できます。ただ、1800rpmを超えると音が気になりはじめます。ファンコンの組み立て方(?)は、ダイヤルを引っ張ってナットも外して板を挟みナットで固定してダイヤルを付けます。
静かさと風量は反比例するものなので、どこでバランスを取るかが難しいです。