靴職人 山口千尋 ホールマークス ギルド・オブ・クラフツ 販売店

9月4日のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、靴職人の山口千尋さんが出演します。
山口さんは靴作りの本場であるイギリスで、「ギルド・オブ・マスター・クラフツマン」という一流の職人にだけ与えられる称号を靴職人として日本人で初めて授与されました。
オーダーメイドによる靴は、山口さんがデザインして手作業で仕上げられ、値段は1足10万から40万円するらしいですが、手入れをすれば50年も履き続けられるそうです。山口さんのビスポーク専門靴工房Guild(ギルド)の製品のブランドには、Guild of crafts(ギルド・オブ・クラフツ)、Hall&Marks(ホール&マークス)があり、靴の取扱店は銀座や浅草などにあります。
最高級靴読本 世界の高級靴品番付き全カタログ560足 』では、山口千尋さんによる名靴の評価が特集されています。
今までは靴に足をなじませていた。体を支える大きな力がかかる足を大切に考えればこのような靴を作成してくださる方がいて感謝です。放送後なので混雑するでしょうから少ししたら是非靴をあつらえたいと思います。
| ハルナ | 2007/09/04 11:56 PM |