ランドスケープデザイナー 団塚栄喜 アースケイプ 情熱大陸

9月16日のTBS『情熱大陸』はランドスケープデザイナーの団塚栄喜(だんづか えいき)さんが登場。
ランドスケープデザイナーとは、英語の「landscape」(=風景、景観づくりをする)のとおり、ビルや広場、庭園、街路、リゾート施設など屋外空間のデザイナーのことだそうです。
団塚さんは1963年に大分県で生まれ、1988年に桑沢デザイン研究所を卒業、以後入選や入賞を繰り返し、2000年にアースケイプというデザイン事務所を設立して代表取締役を務めています。
主な作品として、ランドスケープデザインは晴海トリトンスクエア、丸の内北口ビルディング(丸の内オアゾ)、ラゾーナ川崎、ららぽーと豊洲、ランドスケープアートは神奈川県立保健福祉大学、みなとみらいビジネススクエアなどがあります。品川セントラルガーデンは2004年のグッドデザイン賞を受賞しています。