土俵に乱入しようとした女性を錦戸親方や高見盛が止める

昨日の大相撲秋場所11日目、豪栄道と豪風の取り組みで、制限時間になって両者が塩を取りにいったところで、大量のビラを持った中年の女性が土俵に上がろうとするというハプニングがありました。
女性警備員が止めようとしたものの振り切られ、土俵下にいた錦戸親方(元・水戸泉)と観客の男性が止め、同じく土俵下にいた高見盛も押さえに行きました。
女性は意味不明な内容の(スポーツ報知によると「福山雅治=悪霊に取りつかれている」などと書かれた)ビラを持っていて、発言も意味不明だったそうです。
取り組みはそのまま続けられ、豪栄道が1敗を守り、次の次に取り組みのあった高見盛も玉乃島に勝ちました。