ポケモンD&P「メイドカフェのミルタンク!」ヒカリがコスプレ?

1月10日(新年一発目)の『ポケットモンスター ダイヤモンド&パール』は、次回予告から気になっていた「メイドカフェのミルタンク!」でした。
次のジムへ向けて旅を続けるサトシたちは、気分転換のためにタケシにとある場所へ無理やり連れて行かれました。そこはメイドカフェ「やまごや」というところで、サトシやヒカリは何なのかわかっていませんでしたが、タケシは「ただいーま!」と店のドアを開けると3人のメイド(ハル、ナツ、アキ)が「お帰りなさいませー」(「ご主人様」までは言いませんでしたが)と迎えました。
この店の名物「ミルタンクのミルク」は、ハルたちのミルタンクのミルクですが、アキのミルタンクはアキになついておらず、タケシが教官となって育て方を教えることになりました。ヒカリたちが店を手伝うことになり、ヒカリ、ポケモンたち、サトシまでメイド服を着ました(ヒカリのコスプレはこれだけでタケシがメインの話でした)。
そこへどう見てもアキバ系の2人組の客がやってきて、その様子を見たロケット団はコジロウが「なるほどー!これがメイドカフェか」、ニャースが「お客様をメイド姿でもてなして萌えーな感じにさせるのニャ」と言ってメイドカフェを開くことに。
タケシはドジっ娘なアキに根気よく指導を続け、そんなタケシに引かれていくアキ。
アキバ系の2人組はロケット団のメイドカフェに入ってメイドのムサシ、執事のコジロウに迎えられるものの、出されたものがただのお湯で「この店はツンデレ喫茶ならぬ」「デレツン喫茶であったでござるか」といって逃げていってしまいました。
(中略)
ロケット団とのバトルに勝利し、アキとミルタンクの仲も良くなりましたが、タケシは年上のハルとナツにしか興味が内容で、本日3回目のグレッグルの毒づき(たぶん新記録)。
タケシたちが店を出発することになり、アキが「あたし、教官のことが」と告白しようとするものの、タケシが「オレはもう教官ではない」と言って遮りました。
タケシたちを見送るアキは「いつかきっと教官に気に入ってもらえるような女性になってみせます」と心の中で誓ったのでした。
それにしても、ポケモンのアニメでメイドどころか萌えだのツンデレだの、いいのでしょうか?(笑)

<ロケット団の今回の口上>
 ムサシ:なんなのー!?の声を聞き
コジロウ:光の速さでやってきた
 ムサシ:風よ
コジロウ:大地よ
ニャース:大空よ
 ムサシ:世界に届けよツンデレース
コジロウ:宇宙に届けよデレツンス
 ムサシ:ツンデレなのかデレツンなのか
コジロウ:誰もが萌え〜な魅惑の響き
 ムサシ:ムサシ!
コジロウ:コジロウ!
ニャース:ニャースで萌え萌え〜!
 ムサシ:時代の主役はアタシたち
コジロウ:我ら無敵の
 三人 :ロケット団!