コマツ会長 坂根正弘(さかねまさひろ)ダントツ商品

2月4日のテレビ東京『カンブリア宮殿』は、コマツ代表取締役会長の坂根正弘(さかね まさひろ)さんが出演。
坂根さんは1941年1月7日生まれ、島根県出身、1963年に大阪市立大学工学部を卒業して小松製作所(現コマツ)に入社しました。2001年に社長に就任、2007年に会長に就任しています。
著書に『限りないダントツ経営への挑戦』という本があります。ダントツ商品とは、特に環境・安全・IT面で「ダントツ」性能を実現したものだそうです。
コマツは建設機械や産業機械のメーカーです。2002年3月に最終赤字806億円を記録しましたが、坂根さんが就任した翌年に黒字化させ、3年連続で最高益を更新、2007年3月期には純利益1646億円になっています。売り上げは世界2位を誇っています。