なだぎ武「ややこしや〜」野村萬斎の間違いの狂言ネタ 埼玉演芸コンクール

2月17日のフジテレビ『爆笑レッドカーペット』で、R-1ぐらんぷり2連覇のなだぎ武が野々村という狂言師がお笑いに挑戦するため埼玉演芸コンクール(埼玉園芸コンクールではありません)に挑戦、「世の中、右を見ても左を見てもややこしいことばかりでございます」というネタを行いました。
元ネタはNHK教育テレビ『にほんごであそぼ』の「ややこしやー ややこしや」(試聴はこちら)です。もともとは野村萬斎の代表作『まちがいの狂言』という狂言です。この曲というか音楽に合わせて踊り、「ちょっとこっちに来てみて。いいですか。こっちが○○ですね。そしてこっちが××ですね。え、逆ですか?こっちが××でこっちが○○?○○で××で××で○○?も〜」とどこをどうしたら間違うのかというネタでした。2回目の踊りの「ポン!」のところがある意味反則です(笑)
この着うたダウンロードも人気になっているそうです。
なだぎ武といえば、ビバリーヒルズ高校白書のディランのイメージが強いですが、他のキャラにも注目です。