心臓内科医の延吉正清(のぶよしまさきよ)心臓カテーテル 小倉記念病院

3月11日のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、心臓内科医(循環器科の医師で、心臓外科ではありません)で小倉記念病院院長の延吉正清(のぶよし まさきよ)さんが出演。
延吉正清のプロフィールは、北九州市小倉南区の出身、京都大学医学部を卒業しています。心臓病(急性心筋梗塞)の治療方法である心臓カテーテル治療を日本で初めて行った医師で、これまで45,000人もの患者の治療を指揮しているそうです。
小倉記念病院は北九州市にあり、JR小倉駅から車で約10分、西鉄バスで約15分、JR南小倉駅から徒歩で約10分のところにあります(TOTO本社の向かいです)。
延吉さんはテレビ東京の『主治医が見つかる診療所』にも出演しました。
橋本美佐子著『三万人の心臓を治した男 延吉正清の挑戦』という本が出ています。