カネボウ化粧品の社長 知識賢治(ちしきけんじ)コフレドール

3月10日のテレビ東京『カンブリア宮殿』は、カネボウ化粧品の代表取締役 社長執行役員の知識賢治(ちしき けんじ)さんが出演。
カネボウが2007年6月に解散して社名がクラシエに変わりましたが、カネボウ化粧品だけはカネボウの名前が残りました。そして、新しいカネボウ化粧品の社長として知識さんが選ばれました。
知識さんは大学卒業後にカネボウ化粧品に入社、35歳の時に化粧品専門店向けスキンケアブランド「リサージ」を担当する子会社の社長になり、年間売上130億円を超えました。
2007年12月に発表した社運をかけたというカネボウの新ブランド「コフレドール」では、柴咲コウ、常盤貴子、中谷美紀、北川景子、沢尻エリカの5人の人気女優を起用しました。
『国際商業』2008年2月号に知識社長の新春特別インタビューが掲載されています。