からくりテレビ 瑠璃ちゃんバンド&酒井素樹(さかいもとき)&大江君

3月23日に放送されたTBS『春の豪華版!さんまのスーパーからくりTV超特大号』の主な内容です。
「熱中少年物語」は率いる瑠璃ちゃんバンドです。メンバーがCharに会い、オリジナル曲についてアドバイスをもらいました。そして、メンバーのギター&ボーカルの並木瑠璃(なみきるり)ちゃん、弟でベースの並木レイ(なみきれい)くん、サイドギターの宮澤佑門(みやざわゆうと)くん、ドラムの岩城建伸(いわきけんしんくん)、マネージャーの木村大地(きむらだいち)くんがスタジオに登場。大地くんが進行しながら、佑門くん、大地くん、そして瑠璃ちゃんの「未来」をスタジオ生ライブで演奏しました。ゲストの東国原英夫知事も驚いた5歳とは思えない、けんしん君のドラムのテクニックをソロで披露してもらいました。
「かえうた選手権」の決勝戦が国立競技場で行われ、聖火台には麻生甫(あそうはじめ)さんが点火、「いちご」と下地敏雄さんが印刷の酒井素樹(さかいもとき)さんに挑みました。酒井さんはwith ブルーシーツの高橋美男さんと中山法夫さんにキットカット1個を奪われていった「余命」(コブクロ「蕾」の替え歌)を歌い3連覇を達成しました。
卒業式の関係で選手権に出場できなかった大阪府岸和田市の演歌高校生、大江裕(おおえゆたか)くんも登場(10kgほど太ったらしいです)。大江君のおじいさんが北島三郎に手紙を出し、北島三郎から大江くんに「高校を卒業したら歌を聴かせてほしい」というようなメッセージをVTRでもらい泣いていました。しかし、成績が足りず留年という内容の替え歌を歌いました。数学のテストの点数が悪いそうで、追試を受けるそうです(汗)