アルプス技研の創業者 松井利夫(まついとしお)カンブリア宮殿

4月14日のテレビ東京『カンブリア宮殿』は、アルプス技研の創業者で最高顧問を務める松井利夫(まつい としお)さんが出演。
アルプス技研はメカトロニクスに関わる人材派遣を行っている技術者派遣会社で、機械や電気の専門技術者の正社員をメーカーの開発や設計の現場に派遣しています。
松井さんは1943年に新潟県で生まれ、地元の高校を卒業後に品川のプラスチック工場で働きながら夜学の専門学校で電気・機械を学んだ後、信号機器メーカーに転職しました。1968年7月に松井設計事務所として創業、1971年1月に有限会社アルプス技研を設立、1981年3月に株式会社になりました。2004年12月に東証1部に上場しています。
めざせ日本のビル・ゲイツ 起業の心得』や『逃げるな、驕るな、甘えるな!』といった本を書いています。