ファクトリーマネージャー(水産加工船工場長)の吉田憲一

4月22日のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、水産加工船工場長(ファクトリーマネージャー)の吉田憲一(吉田健一ではありません)さんが出演。
吉田さんはアメリカのワシントン州アナコーテスに本社を置くAlaska Ocean Seafood(アラスカ・オーシャン・シーフード)の洋上加工船(トロール船)「Alaska Ocean(アラスカ・オーシャン号)」で、ファクトリーマネージャー(工場長)を務めています。このアラスカ・オーシャン号は、全長376フィート(約115メートル)という世界最大級の洋上加工船で、工場、ホテル、デッキ、エンジニアリングの4つの部門があり、クルー(乗組員)は最大で150人いるそうです。ベーリング海のスケソウダラ(=スケトウダラ)からとれるタラコやすり身などを船内で加工して出荷しています。
ニッスイ(日本水産)がアラスカ・オーシャン・シーフード社とアラスカのスケソウダラ事業でパートナー関係を結んでいます。
ちなみに、Surimi(すり身)は英語になっているようです。