大地の藤田和芳(ふじたかずよし)社長 カンブリア宮殿

5月5日のテレビ東京『カンブリア宮殿』は、大地を守る会の会長で株式会社大地の代表取締役社長を務める藤田和芳(ふじた かずよし)さんが出演。
藤田さんのプロフィールは、1947年岩手県生まれ、上智大学を卒業後に出版社に勤務しながら土日を利用して無農薬有機野菜の引き売りを始めました。1975年に「農薬の危険性を100万回叫ぶよりも、1本の無農薬の大根を作り、運び、食べることから始めよう」というコンセプトで大地を守る会を設立、1977年に大地を守る会の流通部門として大地が設立されました。「100万人のキャンドルナイト」の呼びかけ人でもあります。30周年記念の『ダイコン一本からの革命 環境NGOが歩んだ30年』という本を書いています。
大地は有機野菜や無農薬野菜、無添加食品、環境に配慮した雑貨などの宅配サービスを行っていて、大地を守る会が運営しています。大地を守る会は、生産者会員が約2500人、消費者会員が8万5000人、法人会員が5社から構成されています。個人会員数が伸びている一方、大地の食材を採用する学校は20年前より97%も減っているそうです。