休止モード(休止状態)から復帰すると勝手に再起動する不具合

パソコン(OSはWindows XP)の電源を切るときはシャットダウンではなく休止状態になるように設定してあるのですが、電源を入れるとフリーズしたり(マウスカーソルやタスクマネージャは動く)起動した後に勝手に再起動したりする不具合が起こりました。
自作PCですが安定して動いていたのでどうしたものかと原因を考えていたら、内蔵のカードリーダー(マザーボードに直接USB接続するタイプ)を外したことを思い出しました。再び接続してみると、問題なく休止モードから復帰できました。
この内蔵のカードリーダー、OSをインストールする前のHDDをフォーマットする時に接続していたら、CドライブからFドライブと認識されていました。内蔵タイプのカードリーダーは、OSをインストールしてから接続するようにして、外す時も注意が必要なようです。