京菓子司の山口富蔵(やまぐち・とみぞう)京都の亀屋末富の和菓子職人

6月15日のテレビ東京『ソロモン流』は、菓子職人の山口富藏(やまぐちとみぞう)さんが出演。
山口富蔵さんのプロフィールは、1937年2月21日生まれ、京都府出身、関西学院大学経済学部を卒業後、銀座の松崎煎餅で1年修行し、父の下で家業に従事、1970年に亀屋末富の三代目を継承しています。茶道各御家元の御用を務めるほか、同志社女子大学や精華大学などで講師を勤め、NHK『今日の料理』などテレビや新聞、雑誌などで京菓子を紹介しています。
亀屋末富という店は京都にある有名な御菓子司で、明治26年(1893年)に創業した老舗です。
産経新聞で連載の「菓子ごよみ」を一冊に編集した『京・末富 菓子ごよみ』という本を出していて、180点もの四季折々の美しい菓子や菓子作りを紹介しています。