さんまのからくりTV 並木瑠璃ちゃんデビュー曲は「未来」ではなくカバー

7月6日のTBS『さんまのスーパーからくりTV』で、並木瑠璃(なみきるり)ちゃんのCDデビューに向けての模様が放送されました。
5月中旬にレコード会社のフォーライフの社長と瑠璃ちゃんバンドのメンバーが会いました。数日後、写真スタジオで宣材用のアーティスト写真(プロフィール写真?)を撮影しました。メイクをしてもらって約2時間の撮影で、瑠璃ちゃんの表情を見てマネージャーの大地くんが「かてぇなぁ」と、ツンとした表情では「いつもの顔だ」と言っていました。なぜかおまけで大地くんも撮影してもらっていました(笑)
5月下旬にギターのレッスンが始まりましたが、瑠璃ちゃんはコードを知らずに弾いていたということがわかりました。週2回のレッスンだけでなく、自宅での練習やボイストレーニングなども続け、6月中旬にレコード会社へ行くと、努力が認められて秋ぐらいにデビューするという話を聞きました。所属する事務所はレコード会社でしょうか?
デビュー曲は、生ライブで歌ったオリジナルの「未来」ではなく、フィンガー5の「学園天国」やレベッカの「フレンズ」など1980年代の7曲が候補になりました。
瑠璃ちゃんが頑張っている姿を見て大地くんは他のメンバーに、もう1回バンドをやろうと言って、ボーカルをオーディションで選ぶというところまで放送されました。