石原和幸(いしはらかずゆき)庭園デザイナー(ランドスケープアーティスト)風花

8月3日のテレビ東京『ソロモン流』は、庭園デザイナー(ランドスケープアーティスト)の石原和幸(いしはら かずゆき)さんが出演。
石原さんのプロフィールは、1958年長崎県長崎市生まれ、大学卒業後に生け花「池坊」に入門して花屋の修行を始め、29歳の時に花の路上販売、パリでフラワーデザイン修行も開始しました。1993年に株式会社「風花」を設立して代表取締役に就任しました。長崎の思案橋にある5坪の花屋は、面積あたり日本一の売上を達成、「まなび野」には里山の風景を再現した店舗をオープンしています。2004年からガーデニングの本場、イギリスのチェルシーフラワーショーに作品を出展、シルバーギルトメダルの栄誉に輝き、2006年から異なる部門で3年連続ゴールドメダルを受賞するという快挙を達成しています。
3年連続金メダル受賞記念限定品の石原和幸プロデュース作品が、オリジナル堂ズバッと!目利き職人というショップのガーデニングのページで販売されています。