ウサインボルトのシューズ(スパイク)靴は「コンプリート テセウス2」

北京オリンピックでジャマイカのウサイン・ボルトが100mで9秒69(しかもゴールする時には横を向きながら胸を叩いてゴールする余裕すらありました)、200mで19秒30の世界新記録で2種目を制覇しましたが、ボルトの履いている黄金のシューズが話題になっています。
このシューズは、ドイツのスポーツ用品大手プーマが北京五輪に向けてボルトと共同開発した「コンプリートテセウス2」という靴で、プーマの日本法人には、このスパイクはどこで買えるのかという問い合わせが多数あるそうです。このボルトモデルのスパイクは欧米では発売されているものの、日本国内での発売は予定していないそうですが、今後発売する可能性はあるようです。