下村脩(しもむら おさむ)ノーベル賞の緑色蛍光タンパク質 下村修

2008年のノーベル化学賞にマーティン・チャルフィー、ロジャー・チェン、下村脩の3氏が選ばれました。
下村脩(しもむらおさむ)さんのプロフィール(経歴)は、1928年8月27日生まれ、京都府福知山市出身、1951年に長崎医科大学附属薬学専門部(現在の長崎大学薬学部)を卒業、1995年に名古屋大学理学部で研究生になり、1960年に理学博士の博士号を取得しました。名古屋大学の助教授やプリンストン大学上席研究員を務め、2001年にウッズホール海洋生物学研究所を退職しています。アメリカに移住していて、ボストン大学の名誉教授です。
息子の下村務さんは、科学者でコンピュータセキュリティの専門家だそうです。