土屋公二(つちやこうじ)テオブロマのショコラティエ(チョコのパティシエ)

10月19日のテレビ東京『ソロモン流』は、ショコラティエのチョコテリア土屋公二(つちや こうじ)さんが出演。
土屋さんのプロフィール(経歴)は、1960年静岡県清水市生まれ、20歳の時に洋菓子店で修行したのがパティシエ(菓子職人)としての始まりでした。1982年にフランスへ渡りフランストップクラスの菓子店やチョコレート屋、三ツ星レストランなどで修行を積んでショコラティエを志し、1987年に帰国して代官山で3年半に渡って洋菓子店のシェフを務めました。1990年に洋菓子メーカーに入社、翌年に再度フランスへ、フランスのショコラティエの下で研修を受けて帰国、その後に退社してフリーで洋菓子店のアドバイザー等を行いました。1999年3月に渋谷区富ヶ谷で自身の店「ミュゼ・ドゥ・ショコラ・テオブロマ」をオープンしました。現在、店舗は南麻布や池袋、神楽坂、新宿などにあります。
板チョコで作る土屋公二の本格チョコレートブック』というレシピ本や『Chocolat et Cacao テオブロマ 土屋公二のチョコレート』といった本が出ています。
番組では、秋の新作チョコや新山千春が習う簡単チョコレシピが紹介されます。