茅原実里の『Parade』感想 「蒼い孤島」「光」「FUTURE STAR」

声優の茅原実里(ちはらみのり)のアルバム『Parade』を試聴して、収録曲の中で3曲気に入ったのがあってCDを買いました。その3曲の感想です。

8. 蒼い孤島
  →静かなイントロから始まるアップテンポの曲です。これまでにあったようでなかったような曲です。Aメロとサビのメロディーとピアノのアレンジが新しいのにどこか懐かしさを感じます。水樹奈々のアルバムに入っていても違和感ありません(編曲は藤田淳平)。映画かドラマの主題歌のようにも思えるほどカッコイイです。
9. 光
  →切ないメロディーとストリングスが印象的な映画のエンディングテーマのような曲です。壮大というかドラマチックというか。冬や年末に聴きたくなる曲です。編曲は大久保薫です。前回のアルバムにおける「mezzo forte」のような曲です。
11. FUTURE STAR
  →スピード感あふれる曲です。タイトルからもわかるかもしれませんが、前向きな歌詞です。ドラムの打ち込みはいかにも菊田大介な感じです。間奏の前に珍しい(?)裏声が聞けます。

今回も全ての曲の歌詞を畑亜貴 または こだまさおり が書いています。
シングルCDの曲も入っていますが、「蒼い孤島」が特に良かったです。個人ブログのレビューを見てみても評価が高い曲です。