リガデキト(LDUキト)リベルタドーレス杯を優勝したリーガデキトとダミアン・アレハンドロ・マンソ

サッカーの『TOYOTAプレゼンツ FIFAクラブワールドカップジャパン 2008』に出場する南米王者のエクアドルのリガ・デ・キト(リガ・デキトやリガデ・キトではありません)は、1930年に創設されたエクアドルの首都キトをホームタウンにするクラブです(LDUキト、リーガ・デ・キトとも表記します)。ホームスタジアムはエスタディオ・カサブランカ(標高2850メートル)です。
これまでに国内リーグで9回の優勝を誇り、2008年にエクアドルのクラブとして初めてリベルタドーレスカップを制覇しました。
登録メンバーのほとんどはエクアドルの選手で、アルゼンチンやチリの選手もいます。
チームの中心は、背番号21のMF、アルゼンチン出身のアレハンドロマンソ(=ダミアンマンソ)です。Wikiによると、16歳でプロデビュー、2007年にキトに移籍しています。
注目の選手はエクアドル代表のエースストライカーだった(ドイツのワールドカップ後に代表を引退)、FWのアグスティン・デルガド(背番号9)です。