高山梨沙(たかやまりさ)早来中 スピードスケートW杯代表 高山りさ

スケート選手の高山梨沙(高山梨香ではありません)選手のプロフィールは、1993年6月29日生まれ、、北海道網走郡美幌町出身、安平町立早来中学校に在学しています。身長は163cmです。
Wikiによると、小学2年生でスケートを始め、小4で千歳市に移って安平町の少年団に入団、中学に進学後してから1年生で3000m全国準優勝、2年生で全国優勝、真駒内選抜5000mで史上初の中学生の優勝を果たしたそうです。
10月に行われたスピードスケート全日本選手権で、ISUワールドカップ日本代表の女子長距離日本代表に中学生として初めて選ばれ、ベルリン大会では女子1500メートルのBクラスで15位、3000メートルはBクラスで8位に入りました。
2014年のソチオリンピックの前に2010年のバンクーバーオリンピックについても期待されています。
画像は新聞社のサイトにあるニュース記事で見られます。
ちなみに、同じくスピードスケート選手の岡崎朋美選手の親戚(高山選手の曾祖父と岡崎選手の祖父が兄弟)だそうです。