日本ポリグル株式会社の水質浄化剤『ガイアの夜明け』

12月30日に放送のテレビ東京の日経スペシャル『ガイアの夜明け』は、年末拡大版で「世界を救う ニッポンの技術スペシャル」と題して放送。
6月の放送でも取り上げられた浄化剤メーカーの日本ポリグル株式会社は、スプーン一杯の浄化剤(ポリグルタミン酸を用いた生分解性凝集剤)を入れてかき混ぜると汚れやヒ素などの有害物質と結合、下に沈殿して水が透明になるという水浄化剤を開発しました。6月の放送時間中からメッセージや寄付の申し出があったそうで、始めは寄付を断っていたものの、募金を受け付けてアフリカやフィリピン、バングラデシュに薬剤を送ることにしました。
代表取締役会長の小田兼利(おだ・かねとし)さんは再びバングラデッシュに乗り込み、地元の人たちを代理店とし、きれいな水を安く販売する仕組みを作ろうと試み始めたそうです。ガイアの夜明けでは、この水浄化剤の普及への取り組みに独占密着しました。