東京陶芸家の辻厚成(つじこうせい)『ソロモン流』厚成紅(こうせいあか)

1月25日のテレビ東京『ソロモン流』は、陶芸家の辻厚成(つじ こうせい)さんが出演。
辻さんのプロフィール(経歴)は、1942年東京生まれ、9歳で光風会へ特別出品、12歳で自らの窯を持ち、14歳で日本橋高島屋大ホールで個展を開催。和光学園、玉川学園、メキシコ国立サンカルロス美術大学で学び、これまで数多くの個展を開催しています。厚成紅、厚成白、世界初の貴金属粘土を使った作品など、数々の試みを行いながら伝統にとらわれない作品をつくっています。『土と遊ぼう』を主宰しています。息子は造形陶芸家の辻厚志です。
著書に『心はいつもクリムゾン』というエッセイ本があります。
番組では、鮮やかな赤色(クリムゾン)を発色する独自の釉薬(ゆうやく)「厚成紅」(こうせいあか)の秘密やジャズトランペット奏者の日野皓正と夢の"コラボ"を展開します。