野口誠一(のぐちせいいち)八起会(やおきかい)会長&ノグチプランニング社長『カンブリア宮殿』

2月16日のテレビ東京『カンブリア宮殿』は、八起会の会長を務める野口誠一(のぐち せいいち)さんが出演。
野口さんのプロフィール(経歴)は、1930年東京生まれ、日本大学を卒業、25歳で玩具メーカーを設立、従業員5人で月商150万円でスタートしましたが、5年後に従業員100人、年商12億円までになりました。しかし、ドルショックと放漫経営で1977年に倒産、1978年に「倒産者の会」設立を呼びかけ「八起会」を興しました。1984年に株式会社ノグチプランニングを設立して代表取締役社長に就任しています。
野口さんは『こんな社長が会社をつぶす!』など、多数の本を書いています。
八起会は弁護士や税理士など、再起に成功した会員らが無料で電話相談に乗る「倒産110番」を中心に再起から整理、人生相談まで行っているそうです。