建築家の山下保博(やましたやすひろ)アトリエ天工人(アトリエテクト)『ソロモン流』山下やすひろ

3月1日のテレビ東京『ソロモン流』は、一級建築士事務所(設計事務所)のアトリエ・天工人(アトリエてくと)代表取締役で建築家の山下保博の(やました やすひろ)さんが出演。
山下さんのプロフィールは、1960年鹿児島県奄美大島生まれ、1986年に芝浦工業大学大学院修士課程を修了、齋藤裕建築研究所、設計事務所PANOM、近藤春司建築研究所を経て1991年に山下海建築研究所を設立、1995年に事務所名をアトリエ・天工人(てくと)に改称、1999年にProject1000を設立、2004年に有限会社N・C・S(Project1000事務局)を設立、2006年に事務所名を株式会社アトリエ・天工人 に改称しています。東京理科大学の非常勤講師も務めています。
テレビ東京『完成!ドリームハウス』でも取り上げられた「プロジェクト1000」(通称プロセン)を中心に生まれた家を紹介した『知恵と努力と勇気があれば家は建つ』という本を出しています。
アトリエ・天工人では、従来の慣習を見直してコストの透明化を図るとともに、クライアント・設計・施工が一体となったものづくりを目指し、各都市の設計者・施工者と協力し、全国展開を行っているそうです。
番組では1千万円台で建てるオリジナルの家や光熱費ゼロを目指すアルミの家などを紹介します。