左官職人の挾土秀平(はさどしゅうへい)秀平組『ソロモン流』左官技能士の挟土秀平

3月22日のテレビ東京『ソロモン流』は、左官職人の挾土秀平(はさど しゅうへい)さんが出演。
挾土さんのプロフィール(経歴)は、1962年岐阜県高山市生まれ、左官職人の2代目に生まれた挾土さんは高校卒業後、熊本と名古屋で左官職人として修行を積みました。1983年の技能五輪の左官部門で高卒者として史上初の優勝を飾りました。その後、飛騨高山に戻って挾土組に入社、2001年に独立して職人社 秀平組を設立しました。『のたうつ者』という著書があります。『プロフェッショナル 仕事の流儀』のDVDも出ています。
日本国内だけでなく海外でも活動、また左官業だけでなく土や木、藁などを使ったアート作品や土を原料にした化粧品でのメイクなど様々な作品を発表しています。洞爺湖サミットでは、環境技術を集めた近未来型住宅「ゼロエミッションハウス」で、土の円卓と土の座卓を制作しました。