慈恵医大病院の血管外科医の大木隆生(おおきたかお)慈恵医大の血管外科の医師

4月14日のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、東京慈恵会医科大学附属病院の医者(血管外科医)の大木隆生(おおき たかお)さんが出演。
大木先生のプロフィール(経歴)はWikiには載っていませんが、慈恵医大を卒業後に慈恵医大第一外科、アメリカのアルバートアインシュタイン医大モンテフィオーレ病院血管外科研究員、同院血管外科部長を経て、同医科大学血管外科学教授、東京慈恵会医科大学血管外科講座教授と診療部長、東京慈恵会医科大学外科学講座Chairman(統括責任者)を兼任しています。
大木先生は、ステントグラフト手術と呼ばれる最先端の人工血管を用いた治療の世界随一の使い手だそうです。