日本通運の文化財輸送の海老名和明(えびなかずあき)日通の美術品梱包輸送技能者

4月28日のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、日通の美術品梱包輸送技能者の海老名和明(えびなかずあき)さんが出演。
海老名さんのプロフィール(経歴)の詳細はわかりませんが、年齢は62歳、日本通運の関西美術品支店で美術品事業部の技術顧問を務めています。
国宝や重要文化財などを展覧会へ運ぶ文化財輸送のスペシャリストで、これまで門外不出だった新薬師寺「額羅大将立像」、唐招提寺「盧舎那仏坐像」、「薬師如来像」など展覧会への出展を実現させてきました。平成17年度の「現代の名工」にも選ばれています。
番組では、奈良・興福寺の国宝「阿修羅立像」を東京国立博物館へ運搬するの舞台裏に密着します。