キンチョーのキンチョールのCMモデル 女性の腰ふりダンスの先生はkyo(キョウ)豊川悦司とペルヴィスダンス

金鳥のキンチョールのコマーシャル「どうでもいい篇」で、トヨエツこと豊川悦司が演じる遊び人キンちゃんがキンチョールを持って町内のダンス教室にやってきて、隣でダンスの先生が相手にせず腰を動かして踊っていますが、先生役の女性は『骨盤調整ペルヴィス・ダンス』で人気のヨギー・ビューティのプログラムディレクター、kyo(キョウ)さんです。
kyo(キョウ)さんは、踊りながら骨盤(ペルヴィス)のゆがみを調整する骨盤調整エクササイズ「ペルヴィスダンス」の提唱者で、ペルビスダンスはこれまでも数々のテレビ番組や雑誌などで取り上げられています。教室でのレッスンは、書類審査が必要で予約も取れないほどだそうです。
CM動画やエピソードは、キンチョーのホームページに掲載されています。