和郷園(わごうえん)農業経営者の木内博一(きうち ひろかず)千葉県香取市の農事組合法人『仕事の流儀』

6月2日のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、農業経営者(農事組合法人和郷園代表理事)の木内博一(きうちひろかず)さんが出演。
木内さんのプロフィール(経歴)は、1967年千葉県生まれ、農業者大学校を卒業後、1990年に有志5人で野菜の産直を開始、1996年に有限会社和郷を設立、1998年に農事組合法人和郷園を設立、生産・流通事業のほか、リサイクル事業や冷凍工場、カット・パッキングセンター、直営店舗を展開、2005年には海外事業部を立ち上げてタイでマンゴーやバナナの生産を開始、2007年に日本から香港への輸出事業を開始、起業わずか10年でグループ売上約50億円になっています。
和郷園は千葉県香取市にあり、『人は食によりて人となる “食育”の最前線を巡る旅』という本やテレビ朝日『サンデープロジェクト』で取り上げられています。
和郷園のホームページで、野菜の通販も行っています。
番組では、トマトの新たな栽培方法のプロジェクトなどに密着します。