聖路加国際病院の医師の中村清吾(なかむら・せいご)乳がん 乳腺外科医

6月9日のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、聖路加国際病院の乳腺外科医の中村清吾(なかむらせいご)さんが出演。
中村先生のプロフィール(略歴)は、1956年生まれ、千葉大学医学部を卒業後、聖路加国際病院外科で研修、1993年から聖路加病院の情報システム室室長を兼任、1997年にMDアンダーソンがんセンター他で研修、2005年から聖路加国際病院ブレストセンター長(乳腺外科)、乳腺外科部長を務めています。日本乳癌学会乳腺専門医、同理事、NPO法人日本乳がん情報ネットワーク代表理事、臨床EBM研究会代表幹事です。乳腺MRIの研究で、第8回乳癌学会久野賞を受賞しています。
「乳がん」と言われたら…』など多数の著書があります。
番組では、チーム中村と患者たちの苦悩と決断の日々に密着します。