広島のメガネ21(トゥーワン)専務の平本清(ひらもと・きよし)眼鏡経営塾

6月22日のテレビ東京『カンブリア宮殿』は、メガネ21の専務を務める平本清(ひらもときよし)さんが出演。
平本さんのプロフィール(経歴)は、1950年広島県生まれ、高校卒業後に広島で最大手のメガネチェーン店に入社、26歳で本店副店長に就任、1979年に商品部長に就任、しかし1986年に実質的創業者の2代目の後継者問題で解雇、同じく会社を解雇された4人で「株式会社メガネの21」(現・21)を設立しました。
現在、21(トゥーワン)は広島を中心に全国120店舗以上を展開しています。会議なし、管理職なし、ノルマなし、社員ボーナス500万円、銀行借り入れなし、内部留保なしという経営をしています。経営方針は「会社に利益を残さず、値下げで還元する。」、社是は「21は社員の幸福を大切にします。社員は皆様の信頼を大切にします。」です。
まだまだ儲かるビジネスがあった!』という本でメガネ21が取り上げられています。