新光時計店の松浦敬一(まつうら けいいち)時計修理の達人 広島県の大崎下島にある島の時計屋さん

7月13日のテレビ東京『カンブリア宮殿』は、広島県にある新光時計店で時計修理を行っている松浦敬一(まつうらけいいち)さんが出演。
松浦さんのプロフィール(経歴)は、1944年広島県生まれ、1858年(安政5年)に創業された新光時計店の4代目で、すでに小学生の頃には見習い職人よりも時計の分解が上手かったそうです。
新光時計店は、瀬戸内海に浮かぶ大崎下島の御手洗地区にあり、国内外の製品を問わず、腕時計から大きな時計まで修理を受け付けています。
時計の修理には熟練した技術が必要ですが、昭和40年代に電池で動くクオーツ時計が発売されてからは高級品だった腕時計も大量生産できるようになり、修理の需要が減少して修理職人も少なくなるなか、新光時計店は"伝説の時計屋さん"として日本全国だけでなく海外からも修理の依頼があるそうです。