樋口武男(ひぐち たけお)大和ハウス工業の会長『カンブリア宮殿』ダイワハウスのモーレツ社員と熱湯経営

7月20日のテレビ東京『カンブリア宮殿』は、大和ハウス工業会長を務める樋口武男(ひぐちたけお)さんが出演。
樋口会長のプロフィール(経歴)は、1938年兵庫県生まれ、関西学院大学法学部を卒業後、鉄鋼商社に就職、その後1963年に大和ハウス工業に入社、取締役、大和団地社長、大和ハウス工業社長を経て2004年に会長兼CEOに就任しています。2年で1300億円の借金を全額返済し、3年後にはV字回復を果たしました。著書に『熱湯経営 「大組織病」に勝つ』があります。
大和ハウス工業は、「ア・ス・フ・カ・ケ・ツ」(安全・安心、スピード、福祉、環境、健康、通信)をキーワードにエコな電気自動車から自立支援ロボットの開発、農業事業までにも参入、住宅だけでなく、生活に必要な事業の複合的な展開を目指しているそうです。