医師の進藤奈邦子(しんどう・なほこ)WHO『プロフェッショナル 仕事の流儀』

9月29日のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、医師でWHOメディカルオフィサーの進藤奈邦子(しんどう なほこ)さんが出演。
Wiki(ウィキペディア)などによると進藤医師のプロフィール(経歴)は、1963年生まれ、東京慈恵会医科大学を卒業、イギリスのセントトーマス病院、オックスフォード大ラディクリフ病院の臨床研修を経て、大学病院の脳外科医に。30歳を目前に内科医に転じました。1998年から国立感染症研究所感染情報センターに勤務、2000年に同センターの主任研究官、2002年にスイスのWHO(世界保健機関)に派遣され、2005年から正規職員になりました。現在、医療専門職のリーダーとして活躍しています。
2006年に放送された『プロフェッショナル 仕事の流儀 WHO医師 進藤奈邦子の仕事』のDVDも出ています、今回はその続編です。